【はこ。-Gaja Kesto-】サイトへ

春告げの花弁
~Petales venir printemps~

「さみー……」

 ふるりと体を震わせる。
 風月に移ろうとはしているが、まだまだ冬の最中。顔を洗う水も冷たい。

「おはよう、ユアン」

「あ、ああ! おはよう、セシル」

 後ろからかけられた声に驚き、振り向くと不思議そうな顔で微笑むセシル。冷たかった一気に顔が熱くなった。

「珍しいわね、朝弱いあなたが早起きなんて」

「寒かったんだよ……」

 ばつが悪そうに頭をかけば、楽しそうにくすくす笑う。彼女は、今日も可愛い。

「……!」

 急に吹いてきた冷たい風に、体を縮ませる。セシルが寄ってきたのは、多分俺を風除けにするため。

「ったく……」

「あ、見て!」

 恨めしく見上げた灰色の空を指差すセシルの細い指。
 灰色の中に、淡い桃色がちらちらと舞っている。

「アマンドの花弁だわ」

「ああ……」

 セシルの髪に落ちてきた花弁を取る。薄桃色の奥に見えるほのかな紅。美しいが、風で儚く散ってしまう花。

「冬も、そろそろ終わりかな」

「そうかもしれないわね」

 春を告げる花弁は、ひらひらと風に舞っていた。